建設

台所の臭いを簡単に消す方法と住まいの弱い水圧を簡単改善!

プロ目線での簡単に修理できるシリーズ

皆さん、水回りの修理などはご自身でされたことがありますか?

おそらく、無い方が多いのではないでしょうか。

なぜ多いのか!?大半のことは、水回りのことを知らなすぎるのです。

もちろん、学校での必修科目でもないので勉強してない事が当たり前です。

そして、CMのイメージなどで

「とりあえず、水回りで困ったらあそこを呼べばいいわよね!?」

となりがちです。

もちろん、私も水回りの業者としてお客様のご自宅に訪問するのですが

こんだけの為に、「お金を取るのは忍びない」と思うことがありましたので

簡単にできるシリーズをまとめてみました。

 

台所下から異臭が!ドブ臭いこの臭いはなんだ!

よく、あるのが台所下から異臭がする(ドブ臭い)といった一例。

これに関して言えば、ビニールテープで修理が可能です。

そもそも、台所下からの異臭の場合ほぼ100%排水管が蛇腹ホースで接続しています。

その蛇腹ホースが、塩ビ管もしくは鉄管の接続部のところに隙間ができているところから臭いが上がります。

 

したがって、その塩ビ管もしくは鉄管と蛇腹ホースのつなぎ目をビニールテープで補修してしまえば臭いが上がってくる隙間がないため、臭いが上がりません。

 

しかし、たまに、台所の排水管が見えない構造になっている場合があります。

その場合は、化粧板でうまく隠されている場合が多いためその板にはビス(ねじ)がついているはずですのでその場合はプラスドライバーが必要になってきます。

しかし、外せればあとはやる作業は一緒になります。

そして、この方法は洗面台の排水管にも応用ができます。

まったく同じ工程を洗面台の排水管にやってあげるだけでOK!

もちろん、臭いが上がってきてなければ作業を行ってもなんも意味ありません。

 

これだけの作業で都内の場合は、業者によりますが、8000円~位の料金を取ります。

作業時間は、せいぜい30分程度です。

 

②万能すぎる水ストッパー!水を止めたけりゃこれを使え!

ある日、突然水がぽたぽたと垂れてきた!なんてことは

どのご家庭にもあり得る話です。

排水管であれば、水を流さなければ漏水はほぼ止まります。

上水(飲み水)の方であれば、水道メーターを止めてしまえば漏水は止まります。

 

しかし

「家に住んでいるのに、水も流せなければ水も出ない!そんな状況はありえない!」

と思う方は多いはず。そのため大半の方は大手の広告料が膨大にかかった会社にすぐに電話してしまい、かなりの金額を払うことになります。

そんな中、冷静に対処さえできればより無駄にお金を払う必要がなくなってきます。

そんな、万能な補修材が存在しますのでご紹介します。

 

その名は

 

「レクター・アーロンテープ」


イチネンTASCO TA976KH-1 配管補修テープ(レクター・アーロンテープ) 25mmX2m
span style=”font-weight: 400;”>正直、この価格帯での補修材は安い部類であり使用範囲も高く高得点。

テープ系でよくあるのが

「引っ張りながら、巻き付けていく」

これさえ行えれば、まず便利なものになります、一家に一個あれば安心でしょう。

下水、上水、鉄管、塩ビ管、お湯、水OKの何でも来い!状態です。

これで、応急処置をしつつ良い業者さんに連絡をする!

この手順を踏まえただけでも、今後の料金が何万円も変わってきたりします。

 

台所の臭い消しまとめ

1.まず、異臭で多いのが台所や洗面器下の臭い。そして、対処法が一番簡単なのも台所や洗面器下の臭い止め。何せ、ビニールテープを巻くだけ。

業者がテープを巻くだけで8000~円も取られたら、お客さんはちょっと腑に落ちませんよね?

ただ、私も業者なので言わなくてはいけないのですが、会社をやっている以上利益を確保しなければ、会社は存続できません。都内であれば、車のガソリン代、人件費、高速代、パーキング代などを差し引いて利益を確保します。たとえ8000~円だとしても、意外と決して高い金額ではなかったりします。

 

2.上水は動脈、下水は静脈とでも言いましょうか。

住宅という体における水の作用は血液のように思えます。

血が出っぱなしの状態が漏水。そんな、漏水をほっとくと傷(穴)が大きくなり、やがて漏水事故になり保険対応などの結果につながります。そんな、漏水を早いうちに止めて焦らずに業者に見てもらう。昭和の時代では、まずこんな簡単な補修材はなかったと聞きます。

しかし、今は昔と比べて本当に施工が楽になっている時代だと思います。

応急処置程度であれば、ドン・キホーテやホームセンターなどで3000円以内で物が買える時代です。

こんな時代ですので、一家に一個置いておいても良いのではないでしょうか?

 

全体的に、記事を書いてて思ったのですがやはり水道屋は職人の仕事かと思います。

とてもじゃないですけど、一般の方でもできる修理とはこのぐらいなのでは?と思います。

例えば、便器の詰まり修理を取ってみても

 

サクションポンプ・モンキー、プラスドライバー、ラチェット、ガスケット、パッキン、コーキング、トーラーなどが必要になってきたりと、なかなか一般の方が工具をそろえるのはもちろん

修理の場合既存の物を脱着しなければなりませんので

止水栓の状態、最悪の場合は水道メーターの配管回りの状態、管種などを総合的に把握してから作業を行わなければいけなかったりと本当に気を使いながら作業を行います。

 

それらを無視して、記事を書くと実際にこの記事通りに作業を行って結果的に大惨事になったなどの報告があるかもしれません。なかなか無責任なことは書けませんのでやはり、修理となるとこの程度までなのでは?と私の中では思います。

ただ、最後に一つだけ

何度も重複することになりますが

 

「業者選びは本当に慎重にやってください」

<なんか、水圧が弱くてシャワーを浴びててもなんか物足りない!>

シャワーで頭皮をもっと刺激したい!

なぜ、同時に2か所使うと水圧が弱くなるの?

こんなことを経験した方もいらっしゃるのではないでしょうか?

特に、賃貸物件にお住いの方であれば

「入居前に確認しておけばよかった。」

と思った方も多いかと思います。

そんな、悩みに現役水道屋が

どんな時に水圧が弱くなるのか?

どうして、水圧が弱くなるのか?

皆さんの疑問に回答していきます。

 

水圧が弱いには理由があります!原因を探ってみましょう。

まず、確認しておきたいのが

水圧が弱いのが、水回り全体の話なのか、それともシャワーだけ、キッチンだけの話なのか

また、二か所以上の使用ではどうなるのかで原因が変わってきます。

一番早い確認方法は、各水栓の水とお湯を片方ずつハンドルを全開で出してみます。

 

その際、基本的にはお湯の方が少し水量が少なくなります。

それは、給湯器などのお湯を作る装置に水を通しているため水量が少なくなります。

その為、水量が少し違う程度であれば問題ありません。

 

ただ、2か所以上で極端に水量が少ない場合は給湯器に異常があるかもしれません。

1か所のみ水量が少ない場合は水栓周辺に異常がある場合があります。

 

水の場合も、1か所のみ水量が少ない場合は水栓周辺

2か所以上の場合はそもそも部屋全体の水圧が弱い可能性があります。

 

水圧を上げる方法はあるの!?方法を探してみよう!

大まかに、水圧が弱い箇所がわかったところでの対処法を探してみましょう。

まず、1か所のみ水圧が弱い場合

各水栓の下に「止水栓」と呼ばれる、水を止める器具がついています。(写真参照)

この止水栓をマイナスドライバーで全開に開けることで水量が良くなることがあります。

元々が全開だった場合は、意味がありません。

止水栓でもダメな場合は、水栓には、ストレーナーと呼ばれるゴミをキャッチする網があります。その網を清掃する方法があります。

ただ、そのストレーナーの場所は台所水栓、洗面所用水栓、浴室水栓など各水栓によってついている場所が、まったく違います。

その為、実際に清掃を行っている動画を集めました。

台所水栓ストレーナー清掃

動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=s-9jvju1eX0

 

洗面所用水栓ストレーナー清掃

動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=m6Ny8uYvyYM

 

浴室水栓ストレーナー清掃

動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=k6_J73wmpnw

 

給湯器ストレーナー清掃

動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=vPoTXmPSKxY

部屋全体の水の出が悪い場合

水道メーターに減圧弁がついていれば

こちらの動画を参照してください

水道メーター 減圧弁調整

動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=qAei83w_j24

 

これで快適、おすすめの工事方法!

上記の事をやってダメな場合は、水道屋さんに実際に見ていただく方法があります。

また、水道管は基本的には露出にはなっておらず床下や天井に隠ぺいされております。

その為、工事の場合床や天井を剥いだりしなければいけない可能性があります。

しかし、その工事を行わずに水圧をよくする方法があります。

その方法は、「小型の加圧ポンプ」を取り付ける方法です。

工事方法は専門性が必要なため、個人で行うのは難しいですが

ポンプの取り付けであれば、設置スペースさえ確保できれば工事自体は1日もあれば

終わってしまいます。

 

水圧の改善まとめ

1.まず、賃貸物件やマンションの購入を検討している方は前回、ご紹介した給水方式を参考にした上、その部屋の水圧を確認することをお勧めします。

 

2.2でご紹介した方法で水圧が良くならない場合は水道業者に見てもらってほうがよろしいです。

水道管を賃貸物件で個人でいじる場合、漏水などをさせてしまったり2次被害を発生させる可能性がありますのでおすすめできません。

 

3.給水管のやり替え工事などは、時間と費用がかなり掛かります。その点、ポンプの取り付けができそうな場合であれば、1日で工事が終わり費用も給水管のやり替え工事と比べて安く上がる可能性が高いです。

実際にリフォームの見積を取ってみる


上記はお手軽にリフォーム会社を比較できるサイトで名前は「リフォーム比較プロ」

最大の特徴はずばりリフォーム会社を簡単に比較できるところ!、もう一つは優良会社しか紹介されない!

もうこれがめちゃちゃ便利です。

この記事でも書いた通り、リフォームをする時に業者を比較検討することは必須です。

でも、実際はいちいち業者に連絡を取って見積を取るには正直めんどくさくないですか?笑。
リフォームは自分のことだけど、めんどくさいし、忙しいとかなり手間だと思います。
リフォームの内容は業者によって異なりますし、金額、施工方法、等を数社で比較検討するのは私たち素人ではけっこう骨の折れる作業です。

しかし、「リフォーム比較プロ」なら面倒な比較をすべてやってくれます!
「リフォーム比較プロ」に登録して必要情報を記入するだけで、あらゆる比較が可能となるからです。

激選した3〜4社をピックアップして比較ができます。


そしてもう一つの特徴が業者を激選しているため優良会社しか紹介されないところ!

これってめちゃくちゃ重要じゃないですか?

何故ならば、リフォーム業界は普通の素人の方はあまり詳しくないですよね。超有名企業がたくさんいて、その中から比較検討できるなら安心だけど実際は知らない会社ばかり‥笑。

悪徳業者に引っかかる不安は少なからずあると思います。

しかもほとんどの人が初めて利用する会社ですしね。
「リフォーム比較プロ」では悪徳業者やお客様から評判が悪かった会社は載っていません。
運営側でそういった会社は削除されているからです。だから優良会社の中から比較検討することができるんです。
この安心感があるだけで前向きにリフォームに取り組めると思います笑。





 リフォーム比較プロとは?
リフォーム比較プロはサイトクロス張替えや水回りのなどの小さなリフォームから全面改修まで全て対応しているサイトです。
サイトの開設から5年以上が経過し、のべ利用者数は約30万人を超える総合リフォーム比較サイトです。この手のサイトは歴史があまりないサイトが多いですが、サイト解説から5年以上を経過しており安心して利用して頂けると思います。
私もリフォームするなら長年運営しているサイトにお願いしたいです笑。

どんな人が利用できるの?
リフォームを検討している「戸建ての所有者」「マンション所有者やオーナー」の方に利用して頂けます。ほとんどすべての方ですね笑。リフォームを検討しているすべての方が利用できますので審査などもなくすぐに利用することができます。

比較できる内容は?
水周り
トイレ、キッチン、風呂、浴室、洗面所、
居室
玄関、廊下、リビング、ダイニング、洋室、和室、洋室、フローリング、クロス張り替え、
外周り
外壁塗装、屋根塗装、防水工事、外構、エクステリア、ベランダ、バルコニー、

家全体
耐震工事、間取り変更、全面改修、増築、基礎工事、防音工事、バリアフリー工事