建設

現場監督は結婚できない!?現場監督の恋愛事情と結婚する方法を紹介!

建設業界では現場監督の結婚はちょっと難しいと言われています。
皆さんは何故だか考えたことはありますか?

理由はいろいろありますが、建設業界は男性が多く女性が少ないのが主な原因とされています。この記事では何故、現場監督が結婚できないと言われるのか?

そして、どうしたら結婚できるのかを真剣に書いていきます!
実際に私は現場監督として働きながらも女性と出会い結婚することができましたので、
経験談を入れてお伝えしていきます。

何故、現場監督の結婚は難しいのか?

まずは結婚が難しいと言われる現場監督の現状から考察していきます。リアルな内容ですので、就職や転職を検討している方は是非参考にしてください。

理由①拘束時間が長く、圧倒的に女性と出会う時間が少ない

一番の理由を最初の書きます。現場監督という仕事は現場での拘束時間がとても長く、自分の自由な時間がかなり少ないです。

もちろん現場にもよりますが、朝7時から夜の19時から24時まで平気で働くような業界です。しかも、土曜日の出勤もあり、休みもほかの業界に比べると圧倒的に少ないです。

そのため、必然的にプライベートの時間は少なくなり、恋愛に費やせる時間が減っているのが実情です。特に現場監督は体力仕事なので、仕事が終わるとかなり体が疲れており、飲みに行ったり、友達と遊んだりするのも体力的にきついことが多々あります。

実際に私は日曜日のみが休みでしたが、日曜日は一日中寝ていることも多かったです。そうなると負のスパイラルにハマってしまい、どんどん女性との出会いがなくなっていきます。
これを現役の現場監督が読んでいたら、うんうんときっと頷いてういることと思います笑。

やはり結婚というのは縁なので出会いがないと恋愛に発展することもなければ、メールする相手もいないくなってしまいます。とにかく圧倒的に出会いがないというのが現場監督の辛い所です。

理由②職場に女性がいない

これはかなり深刻な問題です。通常の会社員であれば、普通は社内に女性がいますよね?例えば、事務員さんとか、経理の方、総務の方とか。

ただし、建設現場ってほとんどが男性で女性ってほとんどいないんです。これマジです。建設現場で働いている方なら十分理解できると思いますが、本当にいないんです。都市伝説級にいません!

それでも最近は女性の現場監督も増えているので、上場ゼネコンなんかは女性の現場監督がいたりしますが、地場ゼネコンや小さいゼネコンはほとんどいません。職人さんだってほとんど男でたまの女性はいますが、若くて恋愛対象になるような女性は皆無です。

これは結婚したい男性にとってかなり不利な状況です。女性が社内に存在していれば女性と話す機会もあり、何かしらの接点があります。ただ、その接点すらないのが現場監督です。本当に悲しくなります。仕事は辛いし、女性はいなし、結婚はできないしとどんどん困難な状況になってきます。

今でも社内結婚って意外とあるんですよね。私も友達でもいますし、あなたの周りにもいませんか?社内結婚は特に奥手な男性にはとても助かる環境なので、今までの日本社会に多大なる貢献をしてきたはずです笑。

その社内恋愛の恩恵を受けることができない現場監督はかなりかわいそうだし、実際にその影響もあり、結婚が遅れている原因にもなっています。

現場監督が本気で結婚するにはどうしたら良いのか?

ここまでは現場監督が何故結婚できないかを書きました。もう現場監督が結婚できない理由が分かった、じゃ実際にどうしたら良いんだよという声にお答えします!

いろいろ方法はありますが、まず出会いの数を増やすことを絶対的に理解してください!
これがめちゃくちゃ重要です!結婚は出会いがないと絶対にすることができません。

考えてみたら当たり前ですよね?相手がいないと結婚できない訳ですから、そのために女性に出会わなければいけません。いくつかその方法を紹介しますので、自分ができそうのものを実際に試してみることをオススメします!

マッチングアプリを利用する

これはかなり現実的で効果が高い方法です。何故ならば、誰でも今すぐに利用できるし、忙しくてもOKだからです。

皆さんは日々の現場でかなり忙しい毎日を過ごしていますよね?
マッチングアプリの良い所は、いつでもどこでも利用でき、自分の好みの女性にアプローチできます。もちろん女性とマッチングしないとメールなどはできませんが、写真などを上手く撮ったりすればよほどの事がない限りマッチングしないということはありません。

自分の好きな時に好みの女性にアプローチできるって最高じゃないですか?
オススメはマッチングアプリで一番有名なペアーズというサイトでサイトも使いやすく、若い人から様々な人が登録しているので本当にオススメです。

ちなみに私の友人はペアーズで出会い結婚が決まりました。

街コンに参加したりやナンパをする

これは少し難易度が高いですが、限られた時間を有効活用する方法です。
個人的にはこれが一番オススメです。

何故ならば、リアルに自分の好みの女性にアプローチできるからです。マッチングアプリも好みの女性にアプローチできますが、リアルではありません。実際に会って話をした方がお互いのことは分かりますし、親密になれます。

しかも、ナンパの場合は何回でもアプローチすることができてデメリットがありません。
せいぜい自分の心が折れるくらいです笑。慣れるまでは少し大変ですが、慣れてしまえばどんどん声を掛けれるようになりますよ。実際に私がそうでしたので、経験談としてお話できます。
ナンパという響が良くないですが、町で自分の好みの女性に声を掛けて知り合うって、考えてだけでもワクワクしませんか?もし、ちょっとでもやってみようと思ったらすぐに実践してください。行動だけがあなたを変えますよ。

街コンも直接女性に会えますので、友人を誘って行くのも良いと思います。現場監督は安定している職業なので人気はありますよ。そこは自信を持ってください。

それでもダメなら転職する

これは最終的な結論になりますが、現場監督を辞めるという選択肢もあります。
何故ならば、現場監督はやっぱり圧倒的に時間がない、忙しい、理不尽、給料が割りに合わない業界だからです。その上、結婚もできないかもれないって働いている意味ありますか?
正直私はそこまで考えるべきだと思います。

男性であれば全員とは言いませんが、好きな人を結婚して充実した余暇を過ごしたいと思っていますよね?それを現場監督だから結婚できない、休みがないって諦める必要はないと思います。

もっと、自分の人生にわがままになって人生を楽しんで恋愛や結婚に向き合って欲しいです。

転職の一歩目はリクナビNEXTに登録すること

リクナビNEXTは転職希望者の約8割が登録するメジャーなサイトです。

国内最大手の求人サイトで約1万件前後の圧倒的な求人数があります!

最大手の求人サイトで転職活動をすることで多くの求人を検索することができ

自分の理想の求人に巡り会える可能性が高まります。

まずはリクナビNEXTで理想の会社をチェックすることから探しましょう!

クリックするとリクナビNEXTの詳細ページに飛びます

リクナビNEXTは転職希望者の約8割が登録

転職希望者のほとんどの人はリクナビNEXTに登録しています。

何故なら、国内最大手の求人サイトで約1万件前後(2番手のマイナビが約8千件)の圧倒的な求人数があるからです!
転職活動をする際に理想の求人を探すには多くの求人の中から探す作業が必要になりますよね?
その際に圧倒的に多い求人数が載っているサイトを利用した方が効率が良いですし、希望の求人に出会える可能性が高まります。
だから多くの人がリクナビNEXTに登録しているんですね。

大学生だった方は就活する時にリクナビがマイナビを中心に就活をしていませんでしたか?
それと同じでまずはリクナビNEXTで求人検索をしてみて気になる求人がなければ他の求人サイトで探すような流れです。

始めはメジャーで一番求人数が多いサイトで求人を探すことで希望の求人を探せる可能性がグッと高まります。
何故ならば、先ほど話した通り国内で最大級の求人数を持つ転職サイトだからです。求人数が多ければ希望する企業に巡り会える可能性が必然的に高まるからです。

・圧倒的な求人数は約1万件前後
→他の求人サイトより圧倒的に多い求人数です。
マイナビが約8000件、DODAが約6000件、en転職が約5000件。

・毎週1000件以上の求人が追加
→現時点で希望の求人がなくても週に1000件以上の求人が追加されるリクナビNEXTであれば登録しておけば希望の求人が出た時に見逃すことがありません。

クリックするとリクナビNEXTの詳細ページに飛びます

 

未経験な自分でも大丈夫?

自分にあった条件で絞り込み。豊富な検索条件

リクナビNEXTのアプリでいつでもどこでも求人検索と応募が可能

忙しいとつい求人検索や応募が億劫になり、結局何もできないことってありますよね?
リクナビNEXTなら専用アプリをダウンロードすることでいつでもどこでも求人検索や求人の応募が可能です。

通勤の電車内、仕事の休憩時間、お風呂、寝る前に気になる求人を検索するだけでも効率化出来ますよ。

私は転職活動を二回していますが、この求人検索をするのはとても好きでした!
いろいろ求人や業界に記載があって単純に面白かったですし、自分に合う求人を検索するワクワクする感覚もあったからです。

新着情報を手元にお知らせ。リクナビNEXTアプリ

クリックするとリクナビNEXTの詳細ページに飛びます

思わぬ企業からオファーがあることも【企業からのオファー】

自分の職歴などをレジュメに登録しておくことで、企業からオファーが来ることがあります。
あなたのレジュメを見て気になった企業や転職エージェントが「一度面接に来ませんか?」、「応募しませんか?」と様々な形でオファーを受けることがあります。

自分から企業に応募するだけでなく、受け身の形で転職活動を進めることも可能です。

私も実際にオファーが来たことがありますが、こんな企業から?と思わぬ企業からのオファーでしたが、とても嬉しかったのを覚えています。
今までの人生でオファーなんて受けたことがなかったですからね。プロ野球の選手になったような気分だったことを覚えています。

思わぬ企業から
ダイレクトに応募の打診。

出会いを求めているのは企業も同じ。
企業のほしい人材像にあなたがマッチした時、
企業側から応募の「オファー」が届きます。
中にはオファーでしか紹介されない非公開求人もあります。

クリックするとリクナビNEXTの詳細ページに飛びます

リクナビNEXT限定のグットポイント診断であなたの隠れた強みや才能を見つけよう

あなたは自分の強みや本当の才能に気づいていますか?

もし明確に答えられないのであれば「グットポイント診断」をオススメします。

なぜならば、リクナビNEXTがこれまで培ってきたキャリア開発のノウハウを活かして作られた「グットポイント診断」で、あなたの才能(強み)を分析することができるからです。

グッドポイント診断」では人が持っている5つの才能(強み)を診断することができます。
大学生だった方は新卒の就活時に自己分析ってやりましたよね?

あれはあくまで自分で行うものでしたが、「グッドポイント診断」は他者が判定してくれるツールです。
人から指摘されて改めて自分の良さに気づくことって多いと思います。

私も人から指摘されて気付かされたことがほとんどです。一人で分析するのでなく、無料で使えるツールを使用して効率良く自己分析して転職活動に進めましょう。

いったい自分の強みって?

本格診断で強みがクッキリ。グッドポイント診断

クリックするとリクナビNEXTの詳細ページに飛びます

最後に・・・・・・・・転職活動を楽しもう

私は二回転職をしています。
1回目は26歳の時に会社の将来性が見えずに転職。
2回目は施工管理の仕事が合わずにわずか1年で転職。

20代で2回の転職を経験しています。それでも私は全く後悔していませんし、むしろ成功だっとと思っています。周りからは「まだ我慢した方が良い」「転職は逃げだ」とかいろいろ言われました。

けれでもまだ20代だったこともあり、転職したことで新しいキャリアに繋がり、今では充実した日々を送ることができています。

これは間違いなく、転職したおかげです。そして転職活動中はとても楽しかったのを覚えています。何故ならば、転職活動は新卒採用とは違い、自分のペースで自分のやりたいようにできるからです。転職する決断も応募も誰に強制されることもありません。

そして企業も応募者を一人の社会人として対応してくれることでガチガチの面接のような雰囲気もありません。ここは新卒採用とは大きく異なる点です。企業によると思いますが、面接も比較的リラックスした雰囲気で行われることが多かったです。

また、求人を検索している時はワクワクしながら探しており、「自分に合うかな?」「どんな業界だろう?」と考えるだけでもとてもワクワクしました。
なので、転職をする、しないに関わらずに「リクナビNEXT」に登録し、求人を探すだけでも良いと思います。
求人や会社を調べてみて、いざという時に転職できるよう準備をしておきましょう!