転職

給料が上がらないから辞めるのは正解!転職で給料アップを目指そう

会社を辞めて給料を上げたい人に向けて書きます。
今の会社で給料が上がらないなーと感じている人はたくさんいるのではないでしょうか?
というかほとんどの人がそう思っている可能性もあると思います。
給料が上がらないから辞めると考えている人は正解です。
そして、大企業や中小企業、零細企業、様々な会社ありますが、満足した給料を貰っていると感じている人はかなり少ないはずです。
この記事では何故、給料が上がらないのか、給料が上がらない現状でどうすれば良いのかを書いていきます。

何故、あなたの給料は上がらないのか?

その原因はほとんどの会社にある場合がほとんです。理由は以下で述べていきます。

社長や役員が搾取している

会社はオーナーや社長が必ずいます。その人達の給料が高いのは何故だと思いますか?
理由は簡単で創業者、オーナー、社長はリスクを取っているからです。

起業して借金をして会社を起こしている時点でかなりのリスクを取っています。しかし、従業員というは給料を貰える代わりに労働力を提供しています。これは良く言われていることですよね。安く定まると書いて「安定」です。会社員、言わゆるサラリーマンは労働する代わりに給料という対価を受け取っていることになります。

基本的にオーナーや社長と違って、リスクがありません。事業に失敗しても自分の給料で補填することなんてありませんよね?これは逆にサラリマーンの良い所でもあります。安い給料の代わりに失敗が許される訳です。
しかし、オーナーや社長は失敗したらどうなりますか?おそらく多額の借金を背負うハメになります。
それで給料が安かったら割りに合わないし、おそらく誰もやらないと思います。
リスクを取っている社長、リスクを取っていない会社員を比べること自体がおかしい訳です。

だから社長やオーナーは自分の取り分を減らさない、会社に何かあった時のために資金を貯めておきたい、このような理由で社員の給料はできるだけ安く抑えたいはずなのです。
考えてみれば当たり前ですが、意外とそこまで考えていなかった人もいるのではないでしょうか?
搾取という言葉は少し大げさかもしれませんが、実際そのような構図になっているのは現実です。

給料を上げる方法はないのか?

おそらくあなたが一番気になるのはここですよね。給料を上げる方法は現実的には会社によります。以下で詳しく説明しますね。

今の会社で頑張って成果を出せば給料は上がる?

結論から言いますとおそらく上がりません。給料が上がらないなら会社を辞めて転職するべきです。
今の会社で頑張れば給料を上げようとするのが普通の人の考えだと思います。

あなたの会社では頑張って成果を出してとしてどのくらいの給料アップが見込めますか?
それはおそらく先輩や上司を見ればある程度分かると思います。あなたが今の会社にずっと所属していたとして、将来のあなたの姿は今の上司です

これは劇的な会社の変化がなければおそらく正しいものとなります。だって同じ会社に属しているのですから当たり前ですよね?単純に考えてもそれは理解して頂けるかと思います。
もっと言いますと、上司は満足した給料を貰っていますか?ここがかなり重要です。

上司や仕事ができる上司の給料を大体でかまないので把握してみてください。そうするとあなたが仮に仕事で成果を出した時の給料や歳を取った時の給料がイメージできるはずです。
この金額が満足できる金額でないとしたら今の会社からは離れた方が良いと言えます。
だって満足できる給料を貰える未来がないのですから。

ちょっと厳しい言葉ですが、現実ですよね。あなたも薄々気づいているのだと思います。
このまま頑張って仕事をしても給料はあまり上がらないと。
中にはかなり優良の起業があり、仕事の成果をそっくりそのまま社員に還元するような会社があります。

私が知っている会社で決められた仕事の成果を出せば年収で三千万円貰える所があります。その会社はかなり小さいですが、オーナーが成果は社員に還元するスタイルを取っているの給料に関してもかなり高額な年収になることができます。

これは小さいオーナー起業だからできることであり、大企業のような上場しているような所ではほぼ無理です。上場企業は株主総会があり、利益は株主に還元しなければいけないからです。もちろん社長や役員レベルであれば、かなり高額な年収になりますが一般的な人がそこを目指すのは現実的ではないはずです。なので会社を辞めることをオススメします。

一番良い給料を上げる方法は転職一択

そうすると残された選択肢はただ一つです。そうです、転職です。
給料が上がらないなら辞めて転職することが一番良い方法なのは間違いないです。
転職することで給料をあげて貰える会社に行けば良いのです!
転職が成功すれば仕事を変えるだけで給料が自然と上がっていくからです。
ただ、変な会社に入ってしまうと今より給料が下がったり、環境が悪くなったりする可能性はありますので、そこは注意が必要です。
きちんと今よりも給料が上がる会社を選ばなくてはいけません。

転職で給料を上げたいなら中小、零細企業を選ぶべし!

転職で給料を上げたいまら迷わずに会社を辞めて、中小零細企業を選択するべきです。
理由は以下です。

①大企業に転職しても出遅れているため、給料アップは難しい

大企業に転職しても給料アップはなかなか茨の道です。
何故ならば、大企業は新卒からの一括採用がベースになっており、出世するのも年功序列がほとんどです。
自分の実力や経験があっても給料にそのまま反映されるケースはほとんでありません。仕事でいくら成果を出しても上限は低く、せいぜい年に数千円の昇給金額が上がっていくだけです。賃金のベースアップがあまりにも低いため転職で給料を上げたい人には向いていないはずです。

②中小、零細企業は社長次第で給料がかなり高く貰える可能性がある

中小零細企業ははっきり言って社長次第です。良い社長に出会うことができれば大幅に給料が上がることも可能です!
これは私の経験ですが、従業員150名くらいの会社から従業員10名ほどの会社に転職をしたことがあります。当然給料は下がると思いますよね?
でも、実際は年収が二倍になりました。その会社の社長は基準をクリアすれば上限を気にせずに給料に反映していくタイプの社長だったのです。
このような社長ばかりではないですが、日本の9割は中小、零細企業で成り立っていることも考えると賢明な選択肢だと思います。
きちんと成果を給料に反映してくれるような社長、会社に出会うために転職活動を進めていくべきです。

③実力次第で給料を上げていくことができる可能性がある

中小零細企業の中には実力主義の会社も結構あります。
そういう会社は意外と穴場だと覚えておいてください。何故ならば、中小、零細企業は実力次第で本当に大金を稼げる可能性があるからです。具体的には昇進や昇給、部長や役員も目指せるような会社を目指すのが良いと思います。
そうなってくるとできるだけ従業員数が少なく、上を目指せる会社です。そして、事業にも将来性がありあなたが興味をできるだけ持てる業務内容の仕事です。

転職しただけでは給料は上がりませんので、自分が進んで勉強して成果を出せる仕事が良いと思います。本当に中小零細企業は実力次第でかなり給料を上げれ流可能性がありますので、理解をしていただきたです。大企業では絶対に貰えない給料を貰っている人がたくさんいますよ。

あなたはそれを知らないだけです。それを知らないで中小零細企業を選択肢から外すにのはもったいなさすぎますので、それだけはやめてください。