建設

【施工管理の魅力】と【辛さ】を中堅ゼネコンの現役施工管理が解説!

近年、建設業では人出不足が大きな話題になっており、施工管理への就職や転職を検討している方も多い現状があります。

新卒で建設業界への就職、異業種からの転職を検討している方に向けて建設業界に約10年いる私が施工管理の魅力を紹介します!

就職、転職を検討している方の少しでも参考になれば幸いです。ちなみに私は現役の施工管理で中堅是ゼネコンから地場ゼネコンの現場で施工管理をしている業界10年生です。

施工管理の魅力①プロジェクト全体を管理するやりがいがある


施工管理とは建物やプロジェクト全体を管理する仕事です。実際に現場で作業することは職人さんがやるべき仕事のため、基本的に自らが作業することはほとんどありません。

(実際には物を動かしたり、足場を外したりとやむを得ない作業はありますが本来は自らがやるべき作業ではないのでここでは作業としていません。)

主にプロジェクトが円滑に進むために、納期、品質、コストの管理を行います。

いわゆるゼネコンは全体的な管理をするため、施工管理の代表的な存在です。施工管理はゼネコンのような全体的なプロジェクトの管理、設備や電気のサブコン的な立場の施工管理、鉄骨工事の施工管理など建設業でも様々な種類の施工管理があります。

どれも共通しているのは一つのプロジェクトのトップに立ち、先ほどの納期、品質、コストを管理することのなります。

実際に作業する職人さんに指示を出し、指示通りできているかチェックする。

また、作業手順の安全も確認し、工程の遅れやコストが下がる方法を検討する。自分で作業をする訳ではないけど、全体を管理するいわば社長のような立場とも言えます。

お金の権限があるかどうかは会社によりますが、よりコストが下がる方法や職人さんんの人数の調整など自分で決めれる範囲が広い場合もあります。

実際に私はお金の権限もあり、職人さんの人数や予算組み、追加の支払いなどすべての業務を一人でやっています。

このようにある程度上の立場になることで権限を与えられれば、責任も増えますが施工管理としてのやりがいがかなり増えます。

ただ、非常に難しいにはこれはある程度上の立場にならないと経験できません。
ずっと作業員のような形で現場に出て職人さんとやりとりをするようであれば、このやりがいを経験することはできないのです。

建築業界で人は定着しないのは、このような立場になるまでに時間がかかるため、それまでに辞めてしますケースがほとんどだからです。

施工管理の魅力②デスクワークと現場仕事の両方をできる


施工管理は現場に出たり、事務所で事務作業をしたりと現場と事務所を行ったり来たりしています。
(現場事務所がある主にゼネコン、サブコンの場合)デスクワークの会社員であれば社内に1日こもったりとなかなか苦痛と感じる人も少なからずいると思います。

それが向いている人は全く問題ないと思いますが、1日中社内にいることを苦痛に感じる人は施工管理は良いかもしれません。

施工管理をしていれば必ず現場に出る機会がありますので、強制的に現場に出るしかありません。
職人さんに呼ばれることもありますし、指示通りの施工ができているか現場に確認する作業が必要になるからです。

必ずしも現場とデスクワークのバランスが良いとは限りませんが、外で仕事がしたいと思っている人や1日中社内にいるのは嫌だと思っている人には向いています。

その代わり、外の仕事になりますので暑さや寒さ、雨風を伴うことも必須ですですが。。。
そんなことは気にしない!というアクティブな方には施工管理はオススメです。

ちなみに私個人としては外も出たいし、デスクワークもしたい派なのでちょうど良かったです。天候には慣れるまで少し大変でしたが、慣れれば全然問題なくなります。

施工管理の魅力③
将来的に施工管理できる人材は減るため貴重な人材になれる可能性がある


今、施工管理できる人材が急激に減っています。段階の世代がどんどん定年を迎え、実務ができる人材が引退しています。嘱託や契約社員として残っている人は一定数いるものの、絶対的な人数は急激に減りつつあります。

私も実際に中堅ゼネコンや地場ゼネコンと仕事をしていて、図面のチェックができない、図面が読めないなどレベルの低下を感じることが多々あります。

特に若い人はもちろんですが、30代から40代の中堅社員でもそういう人が増えている現状があります。

もし、あなたが本当に仕事ができる施工管理人であるならば職に困ることはなく、引く手あまたなのは間違いないです。

実際に中堅ゼネコンや地場ゼネコンでは施工管理者が不足しており、派遣社員が現場にいることがほとんどです。

もちろん社員もいますが、派遣社員のなくして現場は成り立たないと言っても過言ではないです。

なので本気で施工管理を目指すのであれば、貴重な存在になれる可能性は十分あります。
特に施工管理は技術職ですので、一度覚えてしまえばその知識は日本中どこでも使えるメリットもあります。

 

施工管理の辛さ①
朝が早くて夜が遅い

建設現場の仕事がとにかく朝が早いです。これは全国共通でどこの現場でも同じです。

通常現場というのは朝8時から朝礼が始まるので、ゼネコン社員やサブコン、職人さんも7時から7時半の間に出勤することになります。

出勤して始業前に段取り、簡単な打ち合わせや朝食などを取ります。生コンの打設などがあると7時から朝礼を行う現場もあるので本当に朝が早いです。

普通の会社員であればなかなか7時台に出勤することはないと思いますので、建設現場の仕事は朝に強くないと務まらない仕事です。

私は施工管理の同僚で朝が弱い人がおり、毎日のように遅刻をしてくる人がいました。体質的に朝が弱いようで上司も半ば諦めかけていました。

また、夜も時期などによりますが比較的遅い傾向にあります。小さい現場だとゼネコンの社員が2〜3人という現場も多く、大きい現場だと10人以上という現場も少なくないです。

余裕がある人数で現場の職員がいるということはあまり多くないので必然的に残業があり、勤務時間が長くなるケースが多いです。

これはゼネコンによって多少異なることもありますし、現場によって異なることもあるので参考程度にしてください。一般的な話では遅いということです。

施工管理の辛さ②
土曜日と祝日が出勤日

これも建設業の宿命とも言える内容です。基本的に土曜日と祝日が出勤日です。

建設現場は竣工日が決まっており、問題が起きない限り後ろにずらすことはできません。全体工程も土曜日を含んだ形で組まれており、日曜日しか休日がない状態です。

これは一般的な会社員と比較するとかなり特殊であり、よく理解しておくべき項目です。

建設業に入ってから知るのと知らないで入るには覚悟も違いますし、こんなはずじゃなかった!となりかねない内容だからです。

ただ、現在は建設業でも働き方改革が推進に会社が多く、政府も建設業の土曜日休みを推奨しています。少しずつではありますが、土曜日が休みの現場も増えているので将来的には改善される余地は十分にあると思います。

現状は土曜日と祝日も出勤の現場が大半を占めているということです。

施工管理の辛さ③
屋外での仕事

建設現場は基本的に外での作業です。本当に天候に左右されやすく、雨や風が直接当たってきます。

これは特に躯体業者の方が多く、ゼネコンやサブコンの人の当てはまります。夏は死ぬほど暑いし、冬はめちゃくちゃ寒いです。

特に夏は半袖を着ることができない(安全上の問題)ので長袖長ズボンです。慣れれば全然問題ないのですが、慣れるまでは地獄だと思います。

だって夏に長袖長ズボンで歩いている人っていないですよね?笑。屋外が好きな人や外でやるスポーツをやってた経験のある人は抵抗がなく働けるのではないでしょうか。

私も屋外でのスポーツをやっていたので抵抗なく働くことができた内の一人です。逆に文化系のタイプだと少し抵抗があるかもしれません。

施工管理の辛さ④
危険を伴うことがある

建設業は危険が伴う作業が多々あります。正直ただ歩いているだけでも危険な時があります(笑)これはゼネコンでもサブコンでも職人でも皆んな同じです。

現場に出ていれば必ず危険が伴いますので覚えておいてください。

ただ、危険を伴うだけなので実際に災害に巻き込まれる、絶対に怪我をするということではないです。

現場ではきちんと安全管理がされている現場がほとんどであり、事故に合う確率は限りなく低いです。それでも建設業に死亡災害があるのは事実ですから危険と隣り合わせなのは間違いないです。

基本的には事故に合う方は職人さんがほとんどですが、稀にゼネコンも事故に合うケースもあります。

自分の身は自分で守ることを十分に理解しておけば早々事故に合うことはないと思いますが

以上、簡単ではありますが建設業の辛いことのまとめでした。読んで頂いた方の参考になれば幸いです。ありがとうございました。

今日挙げたメリット以外にもたくさんのメリットがあります。同時にデメリットもかなりありますので、一概に施工管理を勧めているわけではありません。

ただ、実際に私は建設現場で働いているものとしてリアルな現場の声を書きたいと思いまとめています。基本的には施工管理は建設が好きでないと務まらない仕事だと思います。ゼネコンの社員は専門の学部や建築系の専門学校を出た人間がほとんどです。

でも、私のような全く建築とは関係のない学部から施工管理を経験している人間もいますので安心してください。就職、転職を考えている方に少しでも参考になれば幸いです。読んで頂きありがとうございました。