fbpx
サッカー

【サッカー日本代表】ロシアワールドカップ2018ベルギー戦の敗戦理由

今日はサッカーの話題です!

私は子供の頃からずっとサッカーをやっており、唯一の趣味がサッカー観戦です。スタジアムに行くことは少ないですが、ダゾーンでは毎週見てます。

特に今シーズンからはダゾーンでCLを見ることもできるので本当に良い時代になりました笑。

逆にスカバーとか大丈夫なのかな?とは思いますが。

一応、、私は高校の時にインターハイに出場した経験を持っています。東京都では優勝しました。全国大会ではすぐ負けてしまいましたが笑。
そんな私がこの間のロシアW杯で感じたことを書いていきます!
というか敗因を分析します。

【根本的な敗戦理由】若い選手の台頭がなかった

これは良く言われることですが、世代交代がスムーズにできませんでした。ハリルの時は中島、久保、浅野など比較的若い選手が使われてきましたがハリルが解任されるとこういった若い選手は選考から外れることになりました。

若い選手がダメというよりは実績のある選手を優先して選考した感が丸分かりでした。

それもW杯で結果を出すための決断なら仕方ないのですが、結果的には最低限の結果しか残せず次回のW杯に繋げることはできませんでした。
次回のW杯に期待できるような選手が出場できなかった点は今後かなり影響してくると思います。
私なら堂案や中島、大島などを積極的に使いマネジメントしたと思います。

ベルギー戦の敗因

ここからが本題です。
なぜ日本はあんな良いところまでいって負けたのか?
僕はあの試合を何十回も見て分析しました。

二点先制してなぜ逆転されたのか?

それに対する答えをですが、私はズバリあのカウンターは防げたと思っています!

カウンターの対処法さえ間違わなければ勝てた!

そして延長戦でベルギーを下すことができたと考えます。

まず、よく言われてるカウンターの原因です!

1.クルトワの前に立ってスローイングを防げた

→これはポディショニングからして無理です。クルトワの周りに日本の選手はおらず、いても吉田だったわけですが、相当あのスローイングを予測していないと防ぐのは無理だと考えます。

確かに気を抜いていた部分はありますか、現実的には防ぐのはかなり難しかったでしょう。

2.デブルイネをファールして止める

→これは現実的に不可能です。あのトップスピードでボールを持っている選手に突っ込んだ時点でこわされるかパスを出されて終わりです。ファールなんてできません。これ言っているのはサッカーをやったことがない素人だと思います。全く的外れな意見です。

 

3.本田のフリーキックが悪い

→これは考え方によりますが、日本はあの時点ど勝ちに向かっていました。あのコーナーキックで勝負を決めようとしていた。これは日本が人数をかけていたことからも明確です。

ですので、そもそもあのコーナーキックが悪いというのも的外れだと言えます。

【ではどう対応すれば良かったのか】

→それは山口がディレイして自陣深くまで帰陣すれば良かった。

結論はこれです。上記のよく言われる対応は現実的に考えると難しいです。というかほとんどできないことになります。

そこで一番現実的で失点しない対応はこの山口がズルズルと下がり、味方が戻ってくるまで時間を稼ぐ、これが一番良かった対応のように思います。

仮にデブルイネがそのままドリブルしてきてシュートを打たれたとしてもPA の外からのシュートになり、ゴールする確率はそんなに高くないはずです。 むしろ突っ込んで簡単にパスを出されて数的不利にされた方が相手は数倍やりやすかったはずです。

自分がデブルイネだったとしたら一番嫌な対応は帰陣されることだからです。

おそらくこの対応はボランチ経験者しか分からないと思います。

と言っても山口はボランチなのですが‥。

以上のことから山口の対応の悪さが結果的には失点に直結したと思います。

ただ、日本の戻りは明らかに遅かったので山口だけを責めるのは違うと思います。あくまで山口の対応次第で失点しなかった可能性かまあるということだけです。

終わってしまったことなので仕方ないですが、本当に悔しいですね!

日本代表にはアジアカップで優勝することを願ってます!

以上、私の日本対ベルギーの敗因の分析でした!

読んで頂きありがとうございました!