建設

水道業界の今後と将来性を現役の水道屋の社長が全力で語る!

水回りの仕事に従事する事になって約7年、私は何社かで転職を行い水回りの会社で4社目になっていました。

なぜ、転職したかは詳しく説明するととんでもない量になってしまいますので端折らせていただきますが、端的に説明いたしますと基本的にはスキルアップになります。

始めの会社は、所謂ハウスメーカーの下請け、次の会社は大手ゼネコンの孫請けといった感じになります。

そんな中、私がいくつかの会社を実際に回って感じたことをまとめてみました。

結局水回りの仕事は何屋さん?設備屋?水道屋?

世間的な知名度は水道屋さんの方が馴染みが深いかと思います。

設備屋さんの表現の仕方は、建築業界で多い言い方なのでは?と思います。

また、水道屋さんと設備屋さんの仕事の違いについて説明します。

 

水道屋さん

住宅等小規模の設備工事

(給排水がメインの事が多い)

 

設備屋さん

比較的大きな建物の設備を行う、総合設備業

冷暖房や、空調、給排水などを行う

 

設備屋は総合的な言い方であり、設備屋さんを細分化すると、衛生屋、空調屋などになります。

その為、水道屋さんは水回りがメインの仕事であり、設備屋は総合的な意味を持ちます。

 

水道業界の将来性はどうなの!?現役の立場から答えます!

この仕事に就いてて思うことなのですが、仕事さえ覚えてしまえば職には困らない業界だと思います。

まず、第一に業界全体の高齢化がかなり進んでいます。

 

現場の朝礼などに参加するとわかるのですが、「ここは老人ホームなのでは?」と思うレベルの現場もあったりします。

現場自体も、高齢者に対して「高所作業禁止」「高血圧者作業禁止」など制限を持たしつつも健康条件が整っていれば、危険作業以外の作業は許可しているのが現状です。

 

逆に言ってしまえば、そういった高齢者でも作業をしていただかないと現場が回らない状況なのだと思います。現場で20代なんて本当に少ないですからね。

 

ただ、世間的に言われている3K(きつい・汚い・危険)の仕事であり仕事を慣れるまではかなり大変かと思います。

 

高齢の職人さんなどが現役の場合、教え方が体育会系の場合が多く「今時の若者」にはかなりきつい場合が多いです。

私自身も、最初の会社では、1年間は毎日怒鳴られていました。

しかし、私の親方は教え方が上手であり結果としては1年後には1人で現場を叩ける(こなすの意味)ようになりました。

そういった意味では厳しく育てるのは早く育成するには効率がいいのかもしれませんがゆとり世代の方には、あまり向かないかもしれません。

 

また、建築業界全般の事になるのですが

「休みが少なく、残業が多い」イメージを持っているかと思います。

正直、そのイメージで間違いないかと思います。

仕事内容が現場次第のため、急な休日出勤、急な残業が多く非常に労業環境は整ってない会社が多いのは事実です。

 

現在は、労働環境改善が社会的に騒がれています。

そういった環境の変化は、まずは大手が行い徐々に下請けにもそういった環境の改善がみられるようになると思いますのでまだまだ、下請け業者の労働環境はすぐに変わるとは思えません。

 

嫌な話が多い中、良いこともあります。

それは、冒頭でも記載した仕事さえ覚えてしまえば仕事には困ることがない事です。

建築業の業界が不人気のため、人材不足で職人の世界は外国人労働者を多く雇用している会社も多いです。

 

しかし、外国人労働者の場合読み書き、話などが通じにくい場合がほとんどなので、日本人需要はまだまだあります。

 

また、人が住宅に住んでいる限りなくならない仕事であります。

新築物件から始まり、リフォームや修理などもあり新築物件が建たなくなったとしても仕事はあります。

もちろん、勤めている会社の業務内容によりますが幅広くこなしている会社であればまだまだなくならない仕事になってきます。

 

まとめ

 

1.建築業界でも、いろいろな業種があるのですが水道業界は本当に奥が深くハマってしまうとなかなか楽しい業界であります。

また、職人の道は正直学歴はほとんど関係がありません。

その為、誰でも就職するのには苦労はほとんどしないかと思いませんが、勤めてからが大変です。高学歴だからと言って贔屓できるものもなく、出来たもの勝ちの世界です。

逆に言えば、中卒だろうが何だろうが誰にでもチャンスのある業界です。

 

2.昨今、AIなどによって奪われる仕事は多くなるといわれています。

しかし、そのような業種は事務職から始まり弁護士などの士業などが多く職人のような現場判断が求められる業種はまだまだ奪われる事はない業種です。

入社当時は辛いことが、多くてもその先の事を考えると覚える価値のある仕事だと思います。