fbpx
雑記

プログラミングスクール「Tech Boost」テックブースト無料説明会

今プログラミングスクールの乱立がすごいですね。私もその波に乗り受講を検討しています。

そこで色々とスクールを捜し、ネットなどで情報を集め、どこのスクールが自分に合っているのか、比較検討してきました。

調べている中で数が本当に多く、検討する材料が多いため非常に苦労しました。幸い関東に住んでいるため、通学することも可能なため通学も視野に入れることが出来ました。

今日は実際に渋谷にある「Tech Boost」に行くことにしたのでその経緯を書きます。
ではまず、テックブーストの個別相談に行こうと思ったかについて書きます。

①通学ができるプログラミングスクールであること

テックブーストは数あるスクールの中でも少ない通学が可能なスクールです。今のスクールはオンラインとオフラインがあり、オンラインの学習もかなり増えており、特に通学ができない地方の方などはオンラインにするようです。冒頭でも書いた通り、私は関東に住んでいますにで通学が可能です。
特に渋谷界隈にはスクールが本当に多く、通学できるスクールも数多くあります。
私の場合はオンライン型にすると必ずサボると思ったため通学できるスクールを初めから捜していました。たぶん自己管理ができる方ならわざわざ通学を選ぶ必要もないのかなーとは思います。
また、進捗なども講師の方とその都度確認したかったですし、わからない点を直接聞きたかったため通学しか選択肢にありませんでした。
また、テテックブーストの場合は講師が常に教室に常駐しており、不明点はすぐに聞くことができる。これは本当にメリットだと感じました。オンラインだったため質問してから回答が来るまで時間がかかります。当たり前ですよね。
ただ、これって考え方によるとすごいデメリットです。学習を進める中で不明点や疑問点を解決できないって学習が進んでいないってことなんですよね。その分の時間を無駄にしているとも取れる。
それがすごくもったいないとう感じたので通学し、質問し放題にとても魅力を感じました。

②講師が現役のエンジニアであること

スクールの講師は大学の情報学部に在籍している生徒か、現役のエンジニアのどちらかになります。これはどこのスクールを選んでも同じになります。大手は結構の確率で大学生の割合が多いです。ただ、私はこの項目を非常に重要視しており、現役のエンジニアの方が講師に絞ったスクール選びをしていました。
個人的な意見ですが、現役のエンジニアとただの大学生では教える質がかなり異なると考えたからです。実際に受けた訳ではないので、なんとも言えませんが、現場に出たことがないエンジニアに教えてもらうことはだいぶ抵抗があります。
実際に現場に出ることを考えるとやはり現場を知っているエンジニアから教わるということはかなり費用対効果が高いと考えます。
特にテックブーストでは大手企業で働くエンジニアが教えてくれます。大学生とはスキルが全く異なりますので安心して教わることが可能です。

③転職支援サービスがあること

テックブーストを運営していう会社はテックスターという転職支援サービスを行っています。人材の支援を行っている企業ですので就職に関しても安心して相談や支援を受けることができます。
これは受講後のサービスとして非常に心強いと思います。特に転職支援を受けたい方にはおすすめです。少なくて私はこのサービスには魅力を感じて受講を決めることにしました。
以上が私がテックブーストを受けるために調べ、無料カウンセリングに行った結果です。読んでいただきありがとうございました。
下記からテックブーストの無料カウンセリングの申し込みできます。