転職

残業が多いのは会社が悪い!勇気を持って転職の選択肢を持つこと

日本の会社は本当に残業が多いです。おそらくあなたの会社も残業している人がほとんどではないでしょうか。そしてこの記事を読んでいる方は残業が多くて悩んでいる、転職を少し考え始めているそんな方が多いと思います。この記事ではなぜ残業が多いのか、どこに原因があるのか、残業をなくすためにはどうしたらいいのか、この辺りを中心に書いていきたいと思います。悩んでいるあなたにとってこの記事を読んでもらうことで少しでも前向きになったり気持ちが楽になればとても嬉しく思います。

なぜ日本では残業が多いのか

日本の企業は成果主義ではなく年功序列で給料が決まるような体型がまだ残っています。最近では成果主義が多く導入され年功序列は少なくなってきていると報道もありますが実際のところはほとんどが年功序列です。 つまり仕事の成果はあまり本人に関係なく、 長く働くことで相対的に給料が上がっていきます。

会社の雰囲気で残業している

あなたは会社の雰囲気で残業していないでしょうか?
上司がまだ残っている、周りの人がまだ残っているからと自分の仕事は終わったにも関わらず無意味に会社に残っていることはないでしょうか?

毎日とは言わなくてもそういった日もあったり、何か帰りづらいなーと感じた日は必ずあると思います。これはよくあることですが、日本は周りの雰囲気を非常に大切にするところがあり良くも悪くも周りに合わせてしまう傾向があります。

最近では働き方改革と言われ極力残業は少なくするように言われている企業が多いと思いますがそれでも残業はまだまだ多い状況というのは変わっていません。私も友人や周りの人に聞いていますがサービス残業は依然として残っており終わらない仕事は家に持ち帰っている状況もあります。
このように会社が残業を減らそうとしても会社の雰囲気が帰りにくかったりする場合も多々ありますので本人の意思とは関係なく残業してしまうパターンもあります。これは本来とても良くないことなので本人としてもストレスが溜まりモチベーションが下がる根本的な原因となりかねません。

忙しすぎて残業せざを得ない

忙しすぎて本当に残業しざるを得ないパターンもあります。これは本人の問題というよりは会社の問題です。 業務量があまりにも多い場合にはどうしても残業しざるを得なくなります。

色々な所に原因があるとは思いますが人手不足だったり若手がいない it を導入していない残業をしても仕方ない空気になっているこのような場合にはどうしても残業をせざるを得ません。

本人の能力とは全く関係がない外的な要因での残業になるためこの場合も非常にストレスがたまります。 業務の効率化を自分自身で工夫するという選択肢もあります。

ただしの場合においても、自分で工夫できる量には限度があります。工夫次第で残業を減らすことはできると思いますが完全に無くしたり根本的に残業を減らす解決策にはならない場合が多いです。

残業が評価の一つの指標になっている

このパターンはだいぶ闇が深いです。日本の企業はほとんどの会社が成果主義ではないこともあり残業が評価される場合もあります。
特に昔ながらの考えの上司社長がいるような会社では猛烈に働くことが評価され、成果とは関係のない場合もあります。

日本では仕事が終わればスパッと帰る、このような風潮はなかなかないと感じています 。残業していればあいつは頑張っている、残業しない奴は頑張っていない、このように周りが考える風潮も未だに強いです。

しかし仕事の本質というのは成果のみであり、残業の有無に関わってくるものではありません。 俺は最近の若い社員であればなんとなく理解はしてると思いますが、昭和のような考えを持った上司や社長であればあまり会話してもらえないことが多いでしょう。そうなると無理やりにでも残業をせざるを得ないような空気ができてしまうと思います。

実際に自分の立場でも仕事が終わって定時にスパッと帰るというのは上司が残っている場合は少し気が引ける面あります。

どこの会社も残業が多いのか?

残業が多い会社に入ると洗脳されてきます。ほかの会社も同じようなもんだからうちの会社もこれが普通だろうと感じるようになります。

特に転職したことがない人は新卒から 同じ会社にいることで他の会社の雰囲気や風土は全く分かりません。これによって自分の会社が異常な残業時間であったり、みんなが残業しているような雰囲気が変だと思わなくなっています。
このような状態は会社にとっては都合がいいですが働く側にとってはデメリットでしかありません。会社からうまく洗脳されているような状況とも言えるでしょう。
会社は従業員が文句を言わず働いてくれるのが一番です。

そのため新卒から採用し、 徐々に洗脳していくことで不平不満を言わない社員を作り上げていくのです。あなたも新卒から今の会社にいるとすれば前の会社の雰囲気が当たり前だと思っていませんか?
けれども実際はとても良い雰囲気の会社があったり、残業が全くなかったり、 有給休暇を自由に取得できたり、業務量が適切であったり、残業代がきちんと出たり、このようなきちんとした会社は日本にもあります。

ただ、あなたが出会っていない知らないだけです。 優良企業がきちんとあるということを認識した上で今の会社にいるのであれば構いませんが、自分の労働環境が全てではないことを認識するべきです。今よりいい会社はたくさんあります。そしてあなたはその会社に応募することもできるし、応募して受かればそこで働くこともできます。 この選択肢を無くさないで欲しいです。

残業減らすには転職が一番効率がいい

結局残業減らすのに一番効率がいいのは転職することです。
先ほども書きましたが日本には残業が少ない会社は探せばたくさんあります。
今のあなたが働いている会社が基準ではなく、もっとあなたの理想に近い会社というのは必ず存在します。あなたはそれをまだ見つけられていないだけです

。なので理想の会社を探すために転職をお勧めします。私の体験談で言えば残業が多い会社にいましたが、残業がほぼゼロの会社に転職ししかも給料は約2倍ほどにアップしたこともあります。 私の例は転職が上手く言った例ですが、あなたもこうよに成功する可能性は十分にあります。

何故なら、私は特別な才能があった訳ではなく、普通の会社員だったからです。難関資格を持っている訳でもなく、特別に頭が良い訳ではありません。
それでも残業がゼロになり、年収を約2倍にアップさせることができました。ということは誰にでも転職して成功できるチャンスがあるということです。 これを認識している人と認識してない人では大きな差があります。
あなたにはチャンスがあるわけですから それをぜひ活かしてより良い人生を歩みましょう。